北朝鮮

北朝鮮に関する関係国外相会合
歓迎夕食会

平成30年1月15日

  1. 1月15日(月曜日)午後7時15分(現地時間)から約2時間,北朝鮮に関する関係国外相会合の歓迎夕食会がカナダ・バンクーバーにおいて開催されました。同会合には河野大臣の他,同会合出席外相等(ティラソン米国務長官,フリーランド加外務大臣等)に加えて,米国からマティス国防長官,カナダからサージャン国防大臣が出席しました。
  2. 河野大臣から,北朝鮮が1994年の枠組合意,2005年の六者共同声明を反故(ほご)にし,核・ミサイル開発を進めてきたことの反省を踏まえれば,北朝鮮とは対話のための対話では意味がない,我が国は「全ての選択肢がテーブルの上にある」との米国の立場を一貫して支持する旨述べました。
  3. 同会合では,軍事面での関係国の連携が外交努力を通じた北朝鮮への圧力強化を進める上で重要な要素となることを確認しました。

このページのトップへ戻る
北朝鮮へ戻る