中華人民共和国

日中研究交流支援事業

平成28年9月7日

1 事業概要

  • (1)平成10年の江沢民国家主席(当時)訪日時に、日中両国政府が民間における知的分野での交流を支援していくことで合意したことを受け、平成12年度より開始されたもの。平成19年度より「日中研究交流支援事業」に名称変更し、より幅広い知的分野での日中の研究交流・相互理解の促進を支援している。
  • (2)本支援事業は、日本側研究者・実務者等の訪中経費、中国側研究者・実務者等の訪日経費、シンポジウム開催・日本に関する情報伝達等の活動にかかる経費を当省の基準内で支援するもの。
  • (3)本年度は「経済・司法・環境・社会・交流分野」のテーマについて、企画書の募集を行う。

2 事業目的

  • (1)日中の研究者・実務者等の知識層の交流・意見交換を進める。また、その成果をシンポジウム開催・日本に関する情報伝達等を通じて広く活用していく。
  • (2)日中の研究者・実務者等が交流等を行うことにより、相互理解を促進し、日本の知的レベルに対する中国側の適切な認識を得て、中国国内における知日家を育成していく。

3 平成28年度実施企画書募集(企画競争)について

募集期間:本年度の募集は終了いたしました。

4 実績

 平成27年度までに63案件の支援を実施。


関連リンク


Get Adobe Reader(別ウィンドウで開く) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAdobe Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
中華人民共和国へ戻る